子犬・小型犬と楽しく暮らす情報サイトElfie(エルフィー)

子犬・小型犬との暮らしをサポート『Elfie(エルフィー)』

梅雨明けが特に危険!子犬の熱中症

子犬

梅雨明けが特に危険!?子犬の命を守る熱中症対策

投稿日:2019年5月28日 更新日:

子犬にとって一番過酷な季節、夏がやってきます。気を付けたいのが熱中症対策。犬も熱中症になります。特に子犬は成犬より体温調節が苦手なため、最も熱中症になりやすい部類に入ります。

人間の場合、熱中症による事故が最も多いのは梅雨明けだとご存知ですか?人が熱中症になりやすいのならば、犬も同じです。

夏本番が来る前に、熱中症の症状や応急処置の方法を知り、熱中症対策の基本を押さえましょう。

 

子犬の様子がおかしい!これって熱中症の症状?応急処置は?

いつも元気な子犬の様子がなんだかおかしい。この症状、もしかして熱中症かも?

熱中症にかかると、初期症状が現れてから、数分から数十分で急激に体調が悪化して、最悪死に至ることもあります。子犬の熱中症の初期症状を知って、もしかして熱中症かもしれないと思ったときは早めの処置を心がけましょう。

 

子犬の熱中症の初期症状と応急処置

子犬の熱中症症状は人と同じく、急激な体温上昇によって体温の水分バランスが崩れることによって起こります。

主な初期症状としては、下記のようなものがあります。

  • 体が熱くなる
  • ハァハァと呼吸が荒くなり、息苦しそうにしている
  • 口を大きく開けて舌が出たり、大量のよだれが出る

もし散歩の途中にこのような症状が見られたら、(1)即座に散歩を中止して、日陰の涼しい場所に移動させてましょう。室内にいる場合は可能な限り室温を下げて涼しくしてあげます。

そして、(2)子犬の全身を濡れたタオルで包んだり、(3)保冷剤で首や脇、後ろ足の付け根などを冷やすなどして、少しでも体を冷やし症状の進行を食い止めましょう。水分については、意識があれば摂取させます。

 

熱中症の症状が進むとどうなる?

熱中症の症状が進むと、様々な臓器障害が現れます。

  • ぐったりする、ふらついて倒れる
  • 嘔吐、下痢
  • 吐血、下血
  • 痙攣
  • 呼びかけへの反応が薄くなる

応急処置をしても症状が回復せずにこのような症状が見られたら、かなり危険度が高いです。病院に連絡をして子犬の症状を伝え、医師の指示を仰ぎ、必要な処置をしながら病院に向かってください。

また、応急処置で子犬の状態が回復したとしても、内臓や脳が損傷を受けている場合があります。数日後に容態が急変することもありますので、熱中症と思われる症状が出た場合は、できれば受診をおすすめします。

 

熱中症対策はいつから?気温の目安は?

子犬の熱中症対策は、だんだんと気温が上がり、暑い日が増える5月頃から気をつけてあげましょう。

人間と子犬では暑さの感じ方に違いがあります。人にとって暖かいな、と感じる温度だと、子犬にとってはすでに暑

いことも。気温や室温が22度を超えたら、熱中症対策のための温度管理を始めましょう。

 

最も危険なのは梅雨明け 7月末から8月上旬

人間の場合、熱中症による死亡事故が最も多いのが、梅雨明けの7月です。これは、体がまだ暑さになれていないため、熱中症にかかりやすいだけでなく、かかったときのダメージが大きいからだと言われています。

犬も恐らく同じと考えてよいでしょう。用心しておきましょう。特に犬は自分から暑さを言葉で訴えられないのですから。

 

4月や5月でも直射日光のあたる場所や車内は注意

部屋の中で直射日光があたる場所は、その部分だけ高温になっている可能性があります。また、閉め切った室内や車内は思った以上に高温になっているものです。

まだ春だからと油断せずに、子犬の過ごす室内の対策を始めましょう。

 

子犬の熱中症対策の基本 ①室内編

熱中症対策で気をつけないといけないのは、気温と湿度の高い場所や、風通しの悪い場所、急激に暑くなる場所です。逆にいうと、これらを避けるのが熱中症対策の基本になります。

 

子犬の熱中症予防はエアコンの温度管理で

夏の温度管理の基本はエアコンです。設定温度は25~26度の冷房にして、湿度50~60%をキープ。子犬の様子も見ながら調整してあげてください。部屋の広さによっては、設定温度が25~26度でも、実際の温度がもっと高くなっている場所もあります。

エアコンの温度を急に上げすぎたり、下げすぎたりも厳禁。気温差は子犬の体に負担をかけてしまいます。散歩に出るときの外との気温差もあまりにも大きくなりすぎないようにしましょう。

 

扇風機を使う場合は直接風をあてないように

エアコンと合わせて扇風機やサーキュレーターで空気を循環させるのも効果的です。冷気は部屋の下の方にとどまりがちです。私たちよりも床に近いところにいる子犬たち。知らず知らずのうちに体が冷えすぎるのを防ぎます。

ただし、扇風機を使う場合は、風が直接子犬に当たらないように注意してあげてください。私たち人間と同じように、長時間扇風機の風に直接あたっていると、子犬の体が冷えすぎてしまいます。

 

熱中症対策グッズも併用して

様々な熱中症対策グッズも出ています。ステンレス製や大理石製の室内用マットは、子犬がお腹をつけるとひんやりして涼めるので、熱中症対策に効果があります。

ジェルマットなどの保冷剤入りグッズも、保冷効果はあるのですが、子犬がいたずらをして中身が出てしまうと誤食につながります。目の行き届く場所で使うようにしましょう。

 

水分補給は常温の水で。スポーツドリンクは専用のものを

熱中症の予防には水分補給が大切。水を飲むと犬は体温を下げることができます。水分補給のために、常に水を飲めるよう水ボウルを用意してあげましょう。

夏とはいえ、子犬に与える水は常温で大丈夫です。飲み水を冷やす必要は特にありません。ただし、散歩のあとなどで子犬の体が火照っているときなどに、たまに冷水を与えたり、水に少し氷を浮かべてあげる程度は大丈夫です。

子犬に氷を与える時の注意点はこちらの記事も参考にしてくださいね。冷たすぎると、下痢をする子犬もいるので様子をよくみてあげてください。

氷の入った水を飲む子犬
子犬に氷をあげても大丈夫?気をつけるべきたった3つのポイント

氷が大好きな犬はたくさんいます。ガリガリバリバリ楽しそうに食べているワンちゃんもいますね。では、子犬は?子犬も氷を食べるのでしょうか?子犬が氷を食べても問題ないのでしょうか?与えるならいつから?子犬ならではの注意点をまとめました。

続きを見る

 

また、スポーツドリンクも特に必要ありませんが、どうしても飲ませたい時は犬専用のものを使いましょう。

 

子犬の熱中症対策の基本 ②お出かけ編

涼しくて快適な室内から一歩外に出ると、子犬には過酷な環境が待っています。お出かけのときの注意点をまとめました。

 

昼間は子犬との散歩禁止

真夏日、猛暑日の昼間は成犬でも散歩に出られないほどです。子犬であればなおさら。

日中はもちろん、夕方でもまだ路面の熱い時はお散歩を控えた方が賢明です。子犬は人より体高が低いため、路面の照り返しの熱を受けやすく、熱中症になる危険があります。

アスファルトを触ってみて、熱いと感じる時はお散歩禁止。子犬との散歩は、日が昇る前の早朝や日が暮れた後に行きましょう。

 

真夏に子犬と散歩に出る時の持ち物

散歩に行く際は、外出中の部屋の温度上昇を防ぐために、エアコンはつけたままにしておきましょう。帰宅してすぐに涼しい部屋で休めます。

また、散歩中は適度に休憩をとり、冷たい水でしぼったタオルを子犬の体に当ててあげると、ほてった体の温度を下げることができます。

また、お散歩中、万が一熱中症の症状が現れた時に備えて、多めの水、子犬の全身を包めるようなタオル、保冷剤をもっていくと安心です。

 

子犬服は着せないのが基本

保冷効果のある服は別ですが、その他の服は着せないのが基本。服の保温効果で体温が上昇するだけでなく、こもった熱を逃がしにいため大変危険です。

 

車内は熱中症の危険度大!子犬は絶対に放置しない

絶対に子犬を車の中に放置してはいけません。車内熱中症は夏だけではなく、春でも起こりますし、実は天気がよければ冬でも起こりえるのです。車内の温度は予想以上の速さで急上昇します。夏の車内の温度は50度を超えることも。

たとえ車内のエアコンがついていても、ケージを置いている場所に十分に冷気があたらない可能性もあります。窓が開いているから大丈夫、エアコンをつけているから大丈夫、ほんのちょっとの時間だから大丈夫と油断は禁物。必ず人の目の届くところに一緒に連れて行ってあげてください。

 

子犬の熱中症対策の基本 ③お留守番編

子犬を家に残して出かけるときは、万が一何か異変があってもすぐに対処できません。だからこそしっかりと対策をしてから出かける必要があります。

 

水ボウルは複数用意。水ボウルの下にはトレーを

いつでも水を飲めるようにしておくのが大切です。子犬がすきなときに水分補給できるように、複数箇所にボウルを置いてあげましょう。水ボウルが1つでは、万が一子犬がボウルを倒してしまった場合に、水分補給ができなくなってしまう危険があります。

また、ボウルの下に金属トレーをしいておくと、子犬がボウルを倒してしまってもトレーから水を飲めるので便利です。試してみてくださいね。

 

エアコンが勝手に切れないように設定を確認

お出かけ前にまずは設定温度が高すぎたり低すぎていないか確認を。また機種によっては、長時間稼働しているとエコモードなどで設定温度が自動的に下がったり、人感センサーなどにより自動的にスイッチが切れてしまうものもあります。

エアコンは真夏の子犬のお留守番の生命線。必ず説明書で確認を。

スマホから室温をチェックしたり、エアコンの遠隔操作のできる機種も出ています。

 

遮光カーテンを閉めて室内温度の上昇を防止

西向きの部屋は、午後になると西日がさして室内の温度が急上昇します。薄手のカーテンやレースカーテンでは、夏の強い日差しを防ぐことができません。

窓の大きい部屋や西向きの部屋は、できれば遮光・遮熱カーテンにつけかえて。外出時にはカーテンをしめて、直射日光が入らないようにしましょう。

 

まとめ 子犬を熱中症にしないために

暑さに弱く、熱中症になりやすい子犬。夏本番が来る前にしっかりと暑さ対策をして、元気に夏を乗り切りましょう。

 

Elfieのショップバナー

-子犬

Copyright© 子犬・小型犬との暮らしをサポート『Elfie(エルフィー)』 , 2019 All Rights Reserved.