子犬・小型犬と楽しく暮らす情報サイトElfie(エルフィー)

子犬・小型犬との暮らしをサポート『Elfie(エルフィー)』

氷の入った水を飲む子犬

子犬

子犬に氷をあげても大丈夫?気をつけるべきたった3つのポイント

投稿日:2019年6月21日 更新日:

氷が大好きな犬はたくさんいます。ガリガリと楽しそうに食べているワンちゃんもいますね。

では、子犬は?子犬も氷を食べるのでしょうか?子犬が氷を食べても問題ないのでしょうか?いつから食べても大丈夫?

子犬に氷をあげることについて、子犬ならではの注意点をまとめました。

 

子犬に氷をあげても大丈夫? 大丈夫です、が…

まず一番気になるのは、子犬は氷を食べても大丈夫か、ということですね。結論からいうと、子犬でも氷を食べて大丈夫です。基本的には、ただの水ですから。子犬にとっていいものも悪いものも入っていません。

でも、特にあげる必要もありません。水分補給という意味では、常温の水で十分です。

また、子犬は成犬に比べて胃腸が弱いので、お腹をこわしやすいのも事実です。あたえすぎには十分注意しましょう。

 

どんな時に子犬に氷をあげると効果的?

氷は冷たくてつるつるして物珍しいので、興味をもつ犬は多いものです。もちろん興味のない犬もいます。興味のない犬に無理して与える必要は全くありませんが、もし子犬が氷に興味をもってくれたら、うまく使うと効果的なこともあります。

 

夏の暑い日の散歩の後、ほてった体のクールダウンに

犬は舌で体温調節をします。氷を与えると、舌が冷えるので涼しさをすぐに味わうことができます。夏の暑い日は動き回っているとすぐ子犬の体温が上がってしまいます。そんな時に少し氷をあげると、ほてった体のクールダウンになりますね。

 

夏場のご褒美やおやつがわりに

氷はただの水ですから、あげても何の栄養にもなりません。でも、あげることで子犬が喜ぶのであれば、普段の犬用おやつの代わりとしてや、ご褒美にあげてみるのもいいでしょう。

 

暑い日の室内での遊びに

子犬が氷を追いかけて遊ぶ動画を見たことがありますか?見たことのないものに興奮してはしゃいでいる様子が、とってもかわいらしいです。子犬が興味をもって遊んでくれるなら、猛暑で外に出られない日の気晴らしにもよいかもしれません。

 

夏は食欲が落ちて、夏バテになる子犬も多いものです。熱中症の予防のために水分補給もしっかりしないといけません。氷を使うことで食欲を増進させたり、しっかり水分が取れるようになるなら、うまく使ってみましょう。

 

子犬に氷をあげるのは何か月から大丈夫?

固形物が食べられるようになったら、子犬に氷を与えても特に問題はありません。ネット上では、3か月や4か月くらいの子犬に氷をあげている飼い主さんもいるようです。

ただし、何度も書きますが、子犬に氷を特にあげる必要はありません。また、胃腸の強さも子犬それぞれです。子犬の様子を見ながら、少しずつあげてくださいね。

 

子犬に氷をあげるときに絶対に気をつけるべき3つのポイント

子犬に氷をあげることで、暑い夏の日々を乗り切るアイデアを紹介しました。では、具体的に気をつけるべきポイントをお伝えします。

 

ポイント① 子犬の喉に氷がつまらないよう砕いて与える

これが最も大切なポイントです!子犬が氷を食べても大丈夫です。でも子犬の喉に氷が詰まったら大変です。氷はツルツルしていますから、遊んでいるうちや食べようと必死になっているうちに、うっかり飲み込んでしまうことがあります。人間でもそういうことありますよね?

子犬に氷をあげるときは、小さく砕いたり、かき氷状にしたものをあげてください。または、絶対に飲み込めないくらい大きなものをあげて、飼い主さんが見守りましょう。最初は大きくても舐めているうちに溶けて小さくなったりしますからね。

 

ポイント② 氷の食べ過ぎには注意!体調不良のときは絶対に与えない

子犬が氷そのものでお腹をこわすということは滅多にありませんが、食べ過ぎは胃腸を冷やしますので、下痢をしたりする子犬もいます。子犬は成犬に比べて消化能力も低いため、量に注意して与える必要があります。欲しがるからといって、たくさん与えるのはやめましょう。

もし下痢になってしまったら、氷を与えるのはすぐにストップしてください。ただし、下痢の時は水分不足になりやすいため、水分補給を忘れないように。その際は常温の水をあげましょう。

また、もともと体調不良の時は氷を与えるのはダメですよ。元気な時だけにしましょう。

 

ポイント③ 子犬に氷を与えるときは水に濡らすか、水に浮かべてあげて

製氷機から出したばかりの氷、そのまま食べたことありますか?舌や指にくっつきますよね!犬も同じです。そのままあげたら、舌に貼りついてしまうことがあります。貼りついた氷を無理にとったら可哀そうですし、ケガをしてしまうこともあります。

砕かずに固形の氷を与える場合は、1度水に濡らしてからあげるか、飲み水に浮かべてあげましょう。

でも、ポイント①に書きましたが、固形で与えるときは必ず飼い主さんが見まもってあげてくださいね。基本的には砕いて小さくしたものを与えるのがベストです。

 

まとめ 子犬に氷をあげても大丈夫!小さく砕いたものを少しだけ

暑い暑い夏の日、氷を食べると口の中から涼しくなれますよね。でも食べ過ぎると人間も頭がキーンとしたりお腹が痛くなったりします。

犬も同じ。食べ過ぎに注意して少しずつ味わわせてあげてくださいね。子犬の場合は誤飲が最も心配です。できるだけ小さく砕いてあげましょう。

 

Elfieのショップバナー

-子犬

Copyright© 子犬・小型犬との暮らしをサポート『Elfie(エルフィー)』 , 2019 All Rights Reserved.