子犬・小型犬と楽しく暮らす情報サイトElfie(エルフィー)

子犬・小型犬との暮らしをサポート『Elfie(エルフィー)』

レインコート

小型犬のための犬用レインコートの選び方

投稿日:2019年5月22日 更新日:

雨の日に散歩をしていると、犬の全身がびしょびしょになってしまって乾かすのが大変。毛の長いワンちゃんや足の短い犬種の子だと、胸やお腹の泥はねや、毛に入り込んだ砂利なども気になりますね。

犬用レインコートは、ワンちゃんの体が雨に濡れたり汚れたりするのを防止するだけでなく、肌寒い日の防寒着としても活躍します。特に小型犬にレインコートを選ぶ時にはどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

 

大きめ小さめNG!小型犬には大きさピッタリのレインコートを

小型犬のレインコート選びで一番重視したいのが「サイズ」です。そもそも何のために犬にレインコートを着せるのかというと、雨に濡れるのを防ぎ、雨水の汚れから犬を守るためですよね。

大き目のレインコートでは、生地と犬の体の隙間から雨が入り込んできて濡れてしまいます。また、大き目レインコートはズレたりめくれやすいのもデメリットです。逆に小さめレインコートでは、体を十分にカバーできず、やはり雨に濡れてしまうでしょう。

小型犬の体の大きさに合った、ピッタリのレインコートを探しましょう。Sサイズが充実しているショップがおすすめです。

サイズの測り方や合わせ方はこちらのページもご覧ください。

 

小型犬用レインコートを選ぶポイント

大きさが重要な小型犬のレインコート選びですが、他にもこんなポイントをチェックするといいですよ。

 

マジックテープ式が便利!ただし合わない犬も

犬用レインコートはマジックテープで着脱するものが多くなっています。スナップやファスナーに比べて、べりっとはがしてペタっとはれるマジックテープは便利ですよね。
ただし、長毛種の犬には要注意。万が一マジックテープが毛にくっついてしまったら、取り除くのに場合によっては痛みを伴います。ファスナーも同様、長い毛を巻き込んでしまう可能性があるため避けておきましょう。スナップボタンは少し手間がかかりますが、毛の長いワンちゃんには安心です。

 

通気性の高いレインコートが犬にも快適

雨の日は湿度が高くてジメジメしています。レインコートの中が蒸れていたら犬も不快ですよね。裏地がメッシュになっているタイプや透湿性に優れた生地を使った製品など通気性に考慮した製品を選んであげましょう。

 

夜はカラフルな色、反射材付きレインコートが安心

雨の日は視界が悪くなります。特に小型犬は小さいので視界から見落とされがち。薄暗くなってから散歩をする場合、事故を避けるためにも、わかりやすい色で反射材付きのレインコートが安心です。

 

レインコートのフードは、犬の好みで選んで

フードつきレインコートなら犬の頭部もしっかり雨からカバーしてくれます。ただし、胴体以上に難しいのがサイズ選び。ボディはピッタリの大きさでもフードは合わない…ということはよくあります。大きすぎるフードは犬の視界を遮りますし、小さすぎるフードでは雨をよけられません。

また、フードは犬によっては嫌がる子も。被ってくれるならその方が濡れませんが、もし被ってくれなかったら、フードには水がたまってしまいます。うちの子はフード被ってくれるかしら?心配な方には、フード収納可能なレインコートを選ぶのも一つですね。

 

犬 レインコート

 

Sサイズからカラバリ豊富に揃う、小型犬用レインコートのオススメ

Elfieでは、2種類の小型犬用レインコートを扱っています。いずれもSサイズからカラー展開豊富にご用意しています。小型犬に特化したドッグウェアブランド「puppia(パピア)」製でサイズ展開も豊富。小型犬のことを知り尽くしたメーカーならではの商品です。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

-レインコート

Copyright© 子犬・小型犬との暮らしをサポート『Elfie(エルフィー)』 , 2019 All Rights Reserved.